あいちシンクロトロン光センターについて

運営組織

あいちシンクロトロン光センターは、次世代モノづくりに不可欠なナノレベルの先端計測分析施設として、産・学・行政が連携した「地域共同利用施設」として設置されました。産業界、大学、愛知県から支援を受けながら、(公財)科学技術交流財団が主体となって運営する施設となります。このため、本施設は計画段階から「シンクロトロン光の産業利用」を前提とした設計を行っており、生まれる成果を新しい産業の創造や地域産業の高度化へと繋げることを目的としています。

 また、本施設は愛知県が地域の共同研究拠点として整備を行っている「知の拠点あいち」内に設置されており、隣接する「あいち産業科学技術総合センター」で利用可能な高度計測分析機器との相互利用を図ることで、より強力に地域産業における課題解決に努めていきます。

「知の拠点あいち」あいちシンクロトロン光センター、あいち産業科学技術総合センター

 

組織図

 




一覧へ戻る