ユーザーガイド
HOME > ユーザーガイド > 緊急時の行動について

緊急時の行動について

緊急時の通報

火災、事故(機器異常を含む。)、ケガなどの緊急事態が発生した場合、下記の連絡先まで通報してください。

    ・ 0561-76-8331    ※1階事務室 管理課に繋がります。

なお、実験ホール内の電話を使用される場合は、内線が使用できます。 (内線:5005)

実験ホール内の電話設置箇所は、ページ下部の平面図を参照してください。

被害拡大防止措置

緊急通報後、発見者等の身に危険が及ばない限りにおいて、電気・ガスの停止、消火器等による消火活動など、状況に応じた被害の拡大防止に努めてください。

身体の安全が第一ですので、危険な場合は避難を優先してください。

 

①火災発生時の措置

1.通報
発見者は付近の人に知らせ、放射線取扱主任者及びセンター職員に通報する。
火災が放射線管理区域内の場合は、その旨伝える。
2.被害拡大防止措置
現場の状況、火災の程度により、消火活動の効果が著しいと判断される場合
は、直ちに消火器等による消火活動を行う。
3.避難 危険な場合又は消火活動の効果が無いと判断される場合は、避難を優先する。

 

 

 

 

 

②地震発生時の措置

1.地震発生時
地震を感じたら、すぐに熱源の電気・ガスを止める。
落下物・転倒物を避けるため、安全な場所に移る。
2.通報
揺れが収まったら、身辺の安全を確認し、近くの人の安否を確認する。
また、周囲の状況も素早く点検し、センター職員に通報する。
3.被害拡大防止措置
出火の場合は、上記に記載した措置をとる。
ケガ人等があれば、症状に応じ応急処置を行う。
4.避難 危険な場合は、避難を優先する。

 

 

 

 

 

 

 

緊急時の避難経路

 

                    ※  消火器   消火栓   電話   AED(自動体外式除細動器)

 

放射線管理区域(赤線枠内)は、通常時の出入口()の他に、非常口5箇所()があります。

非常口は、外側からは常時扉を閉鎖しておりますが、万一に備えて内側からは手動で開閉できます。

このため、緊急時には最寄りの出入口から避難してください。

 

また、原則として一時避難場所はあいちシンクロトロン光センターの玄関前ロータリーになります。

ここで安否確認を行った後、知の拠点あいちの総合避難場所に移動します。(下図参照。)


自動体外式除細動器(AED)の設置

玄関ホールにAEDを設置しております。(前項平面図内、正面玄関付近)

 

2019.8更新


一覧へ戻る