ユーザーガイド
HOME > ユーザーガイド > イベント情報 > 2016年度 シンクロトロン光利用者研究会【実地研修】

2016年度 シンクロトロン光利用者研究会【実地研修】

研究会 開催日:2016年11月01日

シンクロトロン光利用者研究会 実地研修

シンクロトロン光利用者研究会は、あいちシンクロトロン光センター(AichiSR)の共用ビームラインでの実地研修および実習後、測定したデータの手法別解析講習会を実施します。シンクロトロン光の利用を計画されている方、ご興味のある方は是非実習にお申し込みください。

概要

募集するビームライン:BL5S2,BL8S1,BL8S3,BL2S1  4本分

実施時期:2016年 11月(第4期)  各グループ個別で実施します。

参加費:無料

主催:愛知県  公益財団法人科学技術交流財団
    大学連合(名古屋大学,名古屋工業大学,豊橋技術科学大学,豊田工業大学)

協賛:光ビームプラットフォーム

詳細

参加条件:AichiSRでの実験を予定されている方(未実施の方優先)

   重要放射線従事者登録が必要です 参考:教育訓練開催について)

WEB申込みの際に測定サンプルについての情報を記入してください。

参加者決定後、メールでの打合せをおこないます。

実施後、成果報告書(様式7)の作成が必要になります。様式7

ビームライン概要は こちら


【BL5S2:粉末回折ビームライン】 11/22 開催予定 
実験条件  エネルギー:任意(8~23keV)       
  サンプル:キャピラリー封入
  検出器:PILATUS4連装
  室温、大気中
 
10:00 -  :実地研修 (1グループ2時間)
 
  
 
 
【BL8S1:薄膜X線回折ビームライン】 実施日は相談(11月)
実験条件  エネルギー:9keV or 14keV
  検出器:PILATUS,シンチレーションカウンタ-
  斜入射回折・反射率・応力測定
  室温、大気中
 
10:00 - 14:00 :実地研修
14:00 - 17:00 :手法別講習会


【BL8S3:小角散乱ビームライン】 実施日は相談(11月)
実験条件  波長:1.5Å 0.9Å
  カメラ長:20cm,50cm,1m,2m,4m   
  検出器:RAXIS,PILATUS
  室温、大気中
 
10:00 - 14:00 :実地研修
14:00 - 17:00 :手法別講習会
 
 
 
【BL2S1:単結晶X線回折ビームライン】 実施日は相談(11月) 
実験条件  波長:0.75Å 1.12Å
  検出器:ADSC Q315r         
  大気中
 
10:00 - 18:00 :実地研修
 

 

定員

【BL5S2】 2  グループ

【BL8S1】 2 グループ程度

【BL8S3】 2 グループ程度

【BL2S1】 2 グループ程度

 

申込み期限

定員に達し次第、募集を締め切ります。

 

申込方法

下記アドレスに以下の内容を記載の上お送りください。
 
「シンクロトロン光利用者研究会 実地研修申し込み」
1.希望するビームライン
2.氏名(フリガナ)
3.ご所属・ご身分(会社員・学生など)
4.メールアドレス
5.実験条件(波長・カメラ長 など)
6.測定サンプル(組成,測定元素,形状 など)

アドレス:aichisr-workshop@astf.or.jp  メール 

問い合わせ先

あいちシンクロトロン光センター 砥綿 0561-76-8330  メール
 
 
 

一覧へ戻る