ユーザーガイド
HOME > ユーザーガイド > ビームライン一覧 > BL7U 真空紫外分光

BL7U 真空紫外分光

ビームライン概要

真空紫外から軟X線領域で吸収分光および価電子帯の光電子分光を用いて、無機・有機材料、特に燃料電池や磁性材料の化学状態・電子状態の分析を行い、磁性体・超伝導体(薄膜)材料などの原子間結合の様式および伝導・磁気状態を詳細に解析する。エネルギー範囲としては、K端でリチウム~ネオン、L~M端でウランまでをカバーする。高分解能の静電半球型光電子分光装置(MB SCIENTIFIC AB)と2次元位置検出器を備え、電子エネルギーと試料からの電子放出角度(および電子放出位置)を2次元マッピングできる。多用な分析手法を併用可能とし、試料搬入系(試料バンク、準備槽)の設置と多数試料の搬入系を工夫することにより、多数の試料の多様な測定を迅速に行うことを可能とする。

光エネルギー 30~850 eV (40~1.5 nm)
ビームサイズ >0.15×0.07 mm (幅×高さ)
分解能(E/ΔE) >5,000 @200eV
光子数 1×1012 Photons/sec @200eV

  

現在のBL状況 

  • 装置概要

概要

 

  •  光電子アナライザの配置図

 

  • 分光スペクトル

 

 

  • サンプルプレート図面 こちら 
 

測定事例

  •  高配向熱分解グラファイト(HOPG)の角度分解光電子(ARPES)スペクトル
  • 高配向熱分解グラファイト(HOPG)の吸収分光(XAS)スペクトル

 

  •  ZnOのO K吸収端(測定例)

 

 


2017.3.14 更新

ご利用の際は、必ず利用相談をお願い致します。 コーディネーター


一覧へ戻る